おくのこどもクリニック

長浜市の小児科|予防接種|各種ワクチン|インフルエンザ

〒526-0032 滋賀県長浜市南高田町195番地
TEL 0749-62-2773

 

トップページ»  お知らせ

お知らせ

クリニックからのお知らせとお願い

診療予約をされる際:必ず来院をと決められてからお取り下さい。予約の変更、中止によりシステムダウンの原因になります。また、予約時間は診療内容、諸事情により遅れることもあります。急を要する場合は、順番にかかわらず受診していただくこともありますが御了承下さい。ご兄弟で受診予約を取られる場合:同じ時間にお取りできない時は、お一人分の予約をされて、窓口で2人もしくは3人で受診しますとお伝え下さい。

心臓検診、夜尿症相談の1回目の受診に関しては、直接のお電話で予約をお願いします。

 

休診のお知らせ、その他のお知らせ

(診療再開のお知らせ)
院長の病気療養のため検査、治療が必要になり、年始早々に、しばらく休診させていただきました。「医者の不養生」をやってしまったことを反省し、今後の治療も続けながら、無理をせず、午前診、お昼の予防接種のみの再開をしています。また、院長の検査、治療のため2週間に1回は臨時にお休みを頂くことになると思います。限られた時間での診療になりますので、午前診、昼の予防接種時間帯ともに一般診療と予防接種ともに感染室、非感染室に分けて、どちらも対応させていただきますので、お電話でご相談下さい。休診日もクリニックのスタッフは午前中のみ常駐しています。電話でのご相談に対応しております。

3月5日〜3月29日(2回目の入院)、4月1日〜4月3日(3回目の入院)。今回は手術治療をしていただきましたので、少々入院期間が長くなりました。術後経過良好ですが、長い入院のため、すぐに全面診療再開できる状態で無く、体力回復のために、自宅でリハビリ、体力回復をはかりながら、少し制限を加えながら、4月11日(木)から午前診察を再開しています。

5月16日(木)午前診のみ
5月17日(金)午前診のみ
5月18日(土)午前診のみ、長浜赤十字病院小児科部長 成宮 正朗 先生による代診になります。
5月20日(月)午前診のみ
5月21日(火)午前診のみ
5月22日(水)午前診のみ
5月23日(木)午前診のみ
5月24日(金)午前診のみ
5月25日(土)午前診のみ
5月27日(月)午前診のみ
5月28日(火)休診
5月29日(水)午前診のみ(予定)、長浜赤十字病院小児科部副部長 安齋 祐子 先生による代診になります。
5月30日(木)午前診のみ(予定)
5月31日(金)午前診のみ(予定)
6月1日(土)午前診のみ(予定)、長浜赤十字病院小児科部副部長 清水 恭代 先生による代診になります。
6月3日(月)午前診のみ(予定)
6月4日(火)午前診のみ(予定)
6月5日(水)午前診のみ(予定)
6月6日(木)午前診のみ(予定)
6月7日(金)午前診のみ(予定)
6月8日(土)休診 院長が日本小児科医会代議員会、日本小児科医会総会フォーラムin京都に参加のため(予定)
6月10日(月)午前診のみ(予定)
6月11日(火)午前診のみ(予定)、長浜赤十字病院小児科部副部長 安齋 祐子 先生による代診になります。
6月12日(水)午前診のみ(予定)、長浜赤十字病院新生児科部長 山本 正仁 先生による代診になります。
6月13日(木)午前診のみ(予定)
6月14日(金)午前診のみ(予定)
6月15日(土)午前診のみ(予定)
6月17日(月)午前診のみ(予定)
6月18日(火)午前診のみ(予定)
6月19日(水)午前診のみ(予定)
6月20日(木)午前診のみ(予定)
6月21日(金)午前診のみ(予定)
6月22日(土)午前診のみ(予定)
6月24日(月)午前診のみ(予定)
6月25日(火)午前診のみ(予定)、長浜赤十字病院小児科部長 成宮 正朗 先生による代診
6月26日(水)午前診のみ(予定)、長浜赤十字病院小児科副部長 清水 恭代 先生による代診
6月27日(木)午前診のみ(予定)
6月28日(金)午前診のみ(予定)
6月29日(土)午前診のみ(予定)、長浜赤十字病院新生児科副部長 小豆澤 敬幸 先生による代診になります。

当面、ご予約は前日の19時からインターネット、自動電話で
また、当日、朝8時30分からは直接、お電話でのご予約となります。
予防接種等の先々のご予約は当面停止とさせていただきます(今後、変更していく予定)。

今後、しばらくの間、長浜赤十字病院小児科に所属する部長、副部長の先生方に院長の休診枠(午前診のみ)を埋めていただくことになりました。非常勤として勤務していただく先生方の紹介をHP内の「医師の紹介」の「スタッフの紹介」に記載しています。不定期の代診日となりますので、日赤の業務に影響の無い範囲で来ていただきますので、医師の勤務は曜日固定ではありません。予定が決まり次第、このお知らせでお伝えします。

予防接種について

当クリニックでは定期接種(無料)、任意接種(有料)ともに積極的に接種することをお勧めしています。任意接種というと受けても受けなくてもよいワクチンととられるかもしれませんが、その多くは欧米では定期接種として当たり前の様に接種しているものです。最近ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、子宮頸がんワクチン、ロタウイルスワクチン、不活化ポリオワクチン、4種混合ワクチンが承認、発売され接種すべきワクチンが増えました。そのため、接種スケジュールが過密になり複雑になっています。赤ちゃんに最初に受けていただきたいワクチンとして当クリニックではヒブワクチン、小児用肺炎球菌、ロタウイルスワクチン、B型肝炎ワクチンの4種をお勧めしています。理想的には、生後2ヶ月でこの4種のワクチンを同時接種、3ヶ月で4種混合ワクチンを加えて5種のワクチンを同時接種します。BCGワクチンを以前は3ヶ月から出来るだけ早期に受けるようにすすめられていたと思いますが、先にBCGを接種してしまうとロタウイルスワクチンは接種できなくなりますし、ヒブや肺炎球菌の髄膜炎が6ヶ月頃に発症のピークがあることを考えると、これらの免疫が得られる時期が遅くなってしまいます。2013年4月からはBCG接種年齢を生後1歳未満まで引き上げるとともに、標準的接種期間を生後5ヶ月以上8ヶ月未満までとなりました。BCGは上記の必要なワクチンを終えてから接種することをお勧めします。数年前、マスコミ等により「同時接種により副作用が出た」ともとれる報道がなされましたが、単独接種より同時接種が副反応が多くなるという事実は報告されていません。むしろ同時接種は世界の常識で10年以上前から世界では普通に行われている医療行為です。どうか、安心して効率的に必要なワクチンを早期にお済ませ下さい。 また、「VPDを知って、子どもを守ろう。」の会のサイトも非常に参考になると思います。 KNOW VPDサイト

2ヶ月からスタートする小児用肺炎球菌ワクチンやヒブワクチンを含む短期間に複数のワクチンを済ませる必要のあるワクチンについて、これまでは患者さまのご希望に応じて「同時接種を避けて単独接種で」というご希望にも応えてきました。しかし、現在、予防接種枠が完全に不足しており、「単独接種」とのご希望に応えられない事態となっています。しばらくは「単独接種」はお断りすることとなりますが、どうかご理解下さい。

午後13時20分からの予防接種専用の予約枠はできる限り、0歳児等で、複雑な複数接種の十分な説明、スケジューリングの必要な方を優先的させていただいています。従って、インフルエンザ単独のワクチン接種などは、他の一般診療時間、診療終了直前のお時間等に予約させていただいています。ネットでの予約を提供していませんのでお電話で予約を取らせていただきます。